「テザリングで格安スマホ1台」か「ポケットWiFiで2台持ち」か格安SIM大容量プランを徹底比較

外出先では欠かせないWiFi環境。
出張先や移動中の通信、喫茶店やカフェでのちょっとした合間の作業にも欠かせない存在となりました。

ただ、ここで迷うのがどの回線と契約している状態が最も適しているのか?

例えば、「ポケットWiFiを独自で契約しルーター利用する」か、「スマホのテザリングでWiFiルーターとして利用する」か何が良いのか迷いますよね?

そこで目が行きがちな2台持ちのポケットWiFiでなく、格安SIMのデータ通信が大容量の事情を調査してみたいと思います。

楽天モバイル・UQモバイル・LINEモバイルの格安スマホ3社を比較

格安スマホ代表的な3社を比較してみました。
なかなか各項目を比較することがないと思いますので、大事な通信量や通信速度を中心に各社の特徴となる項目を一覧にまとめました。

格安SIM大容量プラン

格安スマホのデータ通信量

まずは各社そもそもの最大通信量が大きく違うことがあげられます。

楽天モバイルはデータ通信量が24GBの「LLプラン」が登場!
UQモバイルは14GB、LIMEモバイルは10GBと、備わっているデータ通信の容量が各社で大きな差異があることが分かります。

外出先でインターネット利用、かつパソコン作業をすることを考えるとこの24GBプランは嬉しいものがありますね!
より1台二役で利用しやすい環境が整っていると考えられます。

使い切った後の最大受信速度

これは大きな特徴として差がでました。わたしも楽天モバイルにしたきっかけの1つになったものです。
それはデータ容量を使い切っても最大受信速度が1Mbpsもあるという事。(一部時間帯によって300Kbps)

UQモバイル、LIMEモバイルともに使い切ってしまうと最大受信速度は200Kbpsに抑えられてしまうのでインターネットすら閲覧するのが困難なスピードになってしまいます。

一方、楽天モバイルは使い切った後の最大受信速度は1Mbpsということで、480p画質のYouTube動画やインターネット閲覧は多少ストレスがかかる時がありますが、問題なく利用できるだけのデータ通信速度が担保されており非常に安心して利用することが可能です。

データ容量を追加購入する場合の値段

そんな通信速度制限がかかってしまった場合でも、データを追加購入することで一時的な解消をすることができます。
それは利用できるデータ容量を追加購入するという事。

わたしは利用した経験がないため、使うシーンが数多くあるかは不明ですが格安スマホ各社を比較してみると0.5GBが500円といった相場感で各社とも多きな差はありませんでした。ニーズがあまり無い為、比較要素として力を入れていないかもしれないですね。

契約解除条件に大きな違い

何かをきっかけにいざ解約!と思い立ってもなかなか出来ないことが多かった携帯電話市場。

2年契約という縛りから「ちょうど25カ月目が契約解除期間で無料で解除が可能」という針の穴を通すような契約を一方的にむすばれていて、常に10,000円前後の違約金というものを支払わされていた経験はありませんか?

わたしは、めちゃくちゃあります。

契約解除しなくてはならないシーンは数多くあり、10,000円かかるけどまぁいいかと多少諦めていた記憶があります

UQモバイルの場合はこの契約条件を継承しており、25カ月目で契約解除の申し出がなければさらに2年の24か月が自動更新されるという仕組みを導入しています。

一方、LINEモバイル・楽天モバイルはここが違います!

LINEモバイルは12ヶ月以上の利用でそれ以降は解約手数料はゼロ円です。いつ解約しても無料というわけですね。

楽天モバイルも同様の仕組みを導入していますが、最初に申し込む最低利用期間によってそれぞれ12ヶ月、24か月、36カ月と条件はあるものの、それを越えてしまえば、いつ解約しても解約手数料はゼロ円、無料になります。

私が楽天モバイルに切り替えた大きな後押しとなったのが、ここでした!!

とにかく楽天モバイルのスーパーホーダイLLプランがすごい

新たに登場にした「楽天モバイルLLプラン」

格安SIM大容量プラン楽天モバイル

最大24GBまで高速通信が使えるこのプランは非常に魅力的かつ、充分な量をポケットWiFiとして利用可能!

また、データ使用量を使い切っても「1Mbps」の通信速度で利用が可能なのも非常に嬉しいです。

スマホとポケットWiFiそれぞれの契約も良いですが、1台2役になってくれるならそれに越したことはありません。

私もデータ通信量はスマホ一台で収まっているので、ポケットWiFiを検討している人は今のスマホプランの見直しをしてみてはいかがでしょうか?

それでも2台持ちが安心という人は

WiFiルーターを選ぶなら、圧倒的にデータ通信量が無制限のUQ WiMAXがおすすめ

理由は簡単にまとめると下記3つ

1.無制限に使える

2.実質月額費用の安さ

3.通信エリア(居住地による)

詳細はコチラのサイトで詳しく解説してくれていますのでご参考ください。

関連:ポケットWiFiおすすめは無制限の『UQ WiMAX』(モバイルWiFiルーター)

まとめ

各社を比較してみるとメリットデメリット、サービス比較が非常に解りやすくなりました。

「楽天モバイルのスーパーホーダイ LLプランで1台2役でテザリングするか」

「格安スマホとUQWiMAXの2台持ちで無制限に使うか」

是非、自分に合ったプランをぜひ検討する材用にしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

IT企業のサラリーマン。 25歳頃から投資に興味を持ち、株やFXを中心に資産運用に従事。27歳にはマンション投資を開始。 マイホーム建設後、住宅ローンを副業で完済させる計画 アフィリエイト開始から3ヶ月で20万円を突破!